不登校児童の居場所

全国に急増する不登校生徒らを対象にしたフリースペースやフリースクールが、少しずつですが増えています。
文部省も不登校問題に本腰で取り組もうとしているのは、良い傾向です。
子どもたちにとって最もつらい事は、安心できる場所がない事です。
家庭の中にも居場所を見つけられていない現実があります。

主たる原因の1つは、大人たちから“いつまでそうしているのだ?”と言われてしまう事、そして“なぜ学校へ行かないのだ?”と尋ねられる事です。
なぜなのか本人もわかっていない事もあります。
学校へ行かない事で罪悪感を受ける子どもたちもいるのです。
子どもが学校へ行かないと“親の育て方が悪い”と親戚一同から責められる、親自身も何が間違っていたのだろうと悩む、そして学校からは“学校へよこしてください”と言われることで、親が追い詰められている事が多いです。
こうした空気はさすがに子どもたちも感じていますから、家庭にいても落ち着けないのは当然です。
かといって、出かける事ができるという事は、ある程度気持ちが整理されているという事です。
あるいは外出できるほどの元気が出てきたという事になります。

学校にはスクールカウンセラーが配置されています。
多くの学校はスクールカウンセラーを積極的に導入していますが、かの人たちもまた子どもたちの心に寄り添えていない、必要な資質を備えていないまま、学校から丸投げされているというのが現在の状況です。
今回は、不登校を改善するためには家族の協力が欠かせないというテーマでのお話です。



▼関連情報
子育てカウンセラーが子どもの不登校や引きこもりの解決方法を紹介しています ... 不登校 解決